人は話すことで本来の自分を取り戻す

 

ひだまりケアでは施術の前後や施術中に、お客様の話をしっかりと聴くことを大切しています。

そのため日本メンタルヘルス協会やその他カウンセリング団体でトレーニングを積んでいます。

それほど”話す”ことが人の健康を左右し、人生を変えていくと考えているからです。

人は自分の考えていることや、感情をありのままに話していくことで心の中が整理されます。

その中で問題の解決の糸口が見つかったりするものです。

 

人は他の人から理解され、わかってもらえたと思った時、心にある変化が生じます。それが真に自分に向き合う力となり、自らを成長させていきます。

カール・ロジャーズ

 

カウンセリングの神様カール・ロジャーズは、

カウンセリングを受けることで、その人は真の自分自身になっていき、他者や世間の目が気にならなくなっていく。

などなど、自身を向上させる数々の効果が期待できると主張しています。

 

一見世間とかけ離れた考えを持ってるような人でも、翌々その人の話を聴いてみると「なるほど」と納得できるポイントがあります。

人は皆それぞれ、その人にしか理解しえない避けられなかった事情を抱えて生きているものです。

もしかしたら、傷つきを恐れて一人で闘っているのかもしれません。

 

でも周りに共感してくれる人が一人でも居るということが分かるなら、

人は相当な困難に立ち向かえます。

 

共感は人間を強くします。

 

つまり、ただありのままに話を聞いてくれる相手がいるだけで、

自己肯定感が高まったり、迷いを断ち切ったり、ネガティブな感情が消えていくといったう副次効果も期待できるということです。

 

施術×カウンセリングで効果を最大限に

 

ひだまりケアでは、このような心理カウンセリングを通して施術効果をさらに高めていけると考えています。

当然ですが、話を聞くスタッフには守秘義務があり、話の内容がどこかで漏れてしまうという事はありませんのでご安心ください。

※施術によっては、話をしていると筋骨格系、頭蓋の解放などに支障をきたすものが中にはあります。

そのような時はしばらくの間、沈黙していただくことをお願いすることがあります。

簡単電話予約はコチラ090-6358-5479営業時間 9:00-20:00[日・祝日を除く]

問い合わせと簡単ウェブ予約はコチラ